犬 フローリング 対策

犬にフローリングがダメな3つの理由

フローリングを拭く女性

ワンコにフローリングはダメってよく言うけど、なぜダメなのかちゃんと知ってる人って、どれだけいるのかな?

 

すべると危ないとか、腰に悪いとか、そんな理由だけではないですよ。何故ダメなのか?理由を知る事も大切です。

 

では、犬がフローリングで生活するとどのようなマイナス面があるのか。

 

オスワリやフセ等、しつけがしにくい

 

犬の躾けの基本となるのが、オスワリやオテ・フセですよね。この姿勢を基本としていろんな躾けをしていく訳なんだけど、床がすべり易く正しい姿勢で覚えてくれなかったりすると、他の躾けも難しくなってくる事にも繋がるよ。

 

 

ワンコのパッドや、関節、筋肉の成長を妨げる

 

つるつる滑る床は踏ん張りがきかない為、生後10ヶ月までの成長期をフローリングで過ごすと、足関節や全身の骨、筋肉やパッドまでしっかり育たず、不完全な状態で成犬になっちゃいます。そうなると、身体の安定が悪くなったり、ちょっとした事で脱臼したり、健康面でのトラブルが多い犬になるんだよ。

 

 

関節疾患の原因にもなる

 

フローリングで生活してると、足や腰の関節疾患や足が滑り転んだ衝撃で肉離れ、又は捻挫等になってしまう事もありますよ。固いフローリングは、クッション性がないことでワンコの身体に直接衝撃が伝わり易いんですね。

 

この3つの理由から、フローリングは避けたいところなんですね。

 


では、どんな素材の床が犬にはベストなのか?

 

床材にも、いろんな物がありますよね。床材別にみてみましょう。

 

まずは、1番多いと思われる畳です。

 

目の方向によっては滑りやすい素材です。また、ワンコの爪でボロボロになりますし、ささくれも出来るようになりますね。そうすると・・・ワンコが爪を引っ掛けてしまい、爪をはがしてしまったり転んでしまう事故に繋がります。他にもトイレの失敗時に不衛生になる点と、ダニが発生しやすい事から不向きといえます。

 

 

次に、多いのが絨毯です。

 

絨毯は安心だと思っていませんか?確かにフローリングより滑りにくいですし、クッション性も多少ありますね。ですが、素材によっては滑りやすい物もあるので注意が必要ですよ。選ぶ際にスリッパを履き何度か滑らせてみてすべりにくい物を選ぶと安心です。避けたいのが、毛足の長い物!毛玉になりやすく、やはりワンコの爪が引っ掛かりやすいといえますよ。

 

 

次に、大理石はどうでしょうか?

 

一見、使いやすそうな感じしますよね。掃除がしやすく、粗相してしまった場合でも臭いが残らず良い・・・とかね。でも、1番避けて欲しいのが大理石なんです。フローリングより、滑りやすく固い床材ですから、ふんばりが全然ききませんし、足腰の負担も当然倍になります。大理石だけは絶対やめておきましょうね。

 

 

最後はコルク材です。

 

滑りにくくクッション性も有り、爪が引っかかりにくいのも良いですね。踏ん張りも効き、ワンコにとっては良い床材といえるでしょう。ただ、汚れが目立ち易いと言う難点がありますよ。いろんなコルク材の物が市販されてるけど、コーティング加工のしてある割とお高めの物が良いですね。

 

 

 

どんな床材を選ぶにしても、一番に考えるべきはワンコが生活し易いかどうかです。次に、お手入れしやすいか?という事になるでしょう。毎日のお掃除が大変になってしまったら、負担になっちゃうしね。特にワンコは抜け毛が多いですから、清潔に保つ為にもお手入れのし易い物を選ぶと良いですよ。

 

個人的には、撥水加工のしてあるコルク材が使ってみて1番使いやすかったかな。ワンコが吐いたりした時は、掃除がし易く便利だと思ったよ。汚れも、さほど気にならない点もマル!これは私個人の感想だから、じゅうぶん検討して決めて欲しいと思います。

 

犬のフローリング対策3つの方法

 

まず1番手軽に出来る対策として、フローリングにマットや絨毯を敷く事が出来ますね。

 

せっかくフローリングにしたから、フローリングも楽しんでみたいなら全部をマットにするのではなく、ワンコの生活するスペースのみに敷く事も1つだといえるでしょう。ホームセンター等でカットされているマットなど使いやすいと思いますよ。

 

ワンコの粗相や嘔吐で汚れた部分だけ取り替える事が出来ますから、見た目ももちろんですが衛生的ですよね。ですが、注意してもらいたいのがマットの裏面です。マットの裏面が滑りやすいとマットを敷いた意味が無いですから、裏面がゴム製や吸着加工してあると安心です。

 

 

次の対策は、滑り止めのワックスをフローリングに塗る事です。

 

せっかくフローリングにしたのに、マットで隠しちゃったら意味ないし、やっぱりフローリングも楽しみたいって人もいると思います。そんな飼い主さんは、滑り止めワックスを塗る事も選択出来ますよ。でも・・・ワンコが舐めちゃったら心配ですよね。ですが、今はワンちゃん用の滑り止めワックスが市販されています。フローリングもツヤツヤに保てるし、ワンコも滑らないし、何より舐めても安心なのが良いです。

 

ちょっと余裕があるなら、特殊コーティングを業者に頼むのもいいかも知れません。ミラーコートという物で、汚れやワンコの爪からフローリングを守ってくれますし、10年間は効果があるので、長い目で見れば経済的にもお得かも。

 

 

最後は、犬の足の裏に滑りを防ぐクリームを塗る方法です。

 

乾燥しがちなワンコの肉球に、保湿成分のクリームを塗る事で滑りにくくなるという訳です。ですが、もちろん合わせて足裏の毛のカットや爪のお手入れも、大切だといえますよ。

 

 

このように、さまざまな対策をとる事によってフローリングもじゅうぶん楽しめると思いますし、ワンコも安心して暮らせるのではないでしょうか?自分に合う対策を検討してみましょうね。

 

スポンサーリンク

 


▽知り合いにも教えてあげてね♪
  このエントリーをはてなブックマークに追加

 


あわせて読みたい

怪我した犬
どこがいい?損しない為のペット保険の選び方
ペットホテルに泊まる
ペット可のホテルを利用するときに欠かせない注意点
食事する犬
安心して食べさせられる犬がバクつくフードとは
シート上でトイレをする犬
トイレのしつけにも!正しいペットシーツの選び方
女性の口を舐める犬
犬が口をなめてくる理由って何?

 

同ジャンルの悩み

絶対に守っておきたいドッグランでのマナー
犬がお腹を見せてくる2つの理由を知っておこう
犬が物を隠す行為には一つの大きな理由があった
ファッション目的以外で犬に服は必要でしょうか?答えは・・・
現在に多い問題。犬の社会化を促すためにしておきたいこと
犬には味覚があった!ワンコが味オンチでない理由
性格や特徴を知っておこう!トイプードルの正しい飼い方
人間よりすごい!犬の優れた能力の一例とは
チワワをお迎え(購入)するときに注意しておきたい3つのポイント
散歩時に注意!食べると犬にとって危険な野草とは
旅行も犬と一緒!ペット可の宿を利用するときに欠かせない注意点
あなたはここまでしてる?正しい犬の散歩のマナーとは
愛犬の上手い写真の撮り方はたった一つのコツを覚えるだけ
ペット可ホテルを利用するときの飼い主のマナー
犬の里親募集で気をつけておきたいこと
犬が口をなめてくる理由って
犬の気持ちをしぐさ・行動から見分けるサイン
パピヨン犬の性格と飼い方について
犬を2匹以上飼う前に知っておいて欲しいこと
トイレのしつけにも!どこでも使える犬の消臭グッズ
パピヨンの抜け毛にビックリしないで!
ミニチュアダックスを飼う上で知っておきたい3つの注意点
犬の散歩は何のためにするのか?
犬は母犬か父犬どちらに似る確率が高いのか?
カメラ嫌いでも大丈夫!オヤツを使う犬の写真の撮り方
犬のおもちゃ選び!壊れない丈夫な玩具の選び方
犬がゲージから鳴いて嫌がる場合はどうすればいいのか?
ペット可ショッピングモールでの犬連れのマナー
犬の美容院を利用する時のマナーを知ろう
噛み癖防止スプレーが効かない場合の対処方法
犬の気持ちを読み取る【カーミングシグナル】
しつけを始める前に犬との信頼関係を築こう
犬が攻撃的になるのはどんな時?注意しておこう!
ペット犬の一生涯にかかる費用を知ってください
2頭目の犬種の選び方。相性も考えておくべき理由
視線【アイコンタクト】でわかる犬の気持ち
ドッグランでトラブルを起こさない心得≪初心者編≫
犬の初めてのお出かけ!4つの注意点
家の中で犬にマーキングをやめさせる2つの方法
眠くないよ!犬が「あくび」をする意味とは
犬の正しい褒め方をマスターしよう!
初対面の犬との上手な接し方
犬がなぜお風呂を嫌がるのか知りましょう!
犬のしぐさで気持ちがわかる!しぐさの意味を覚えよう
間違えないで!正しい犬用キャリーバッグの選び方