犬の被毛

犬の被毛の役割を知っておきましょう

被毛が長い犬

ワンコの被毛とは、そもそもどんな役割があるでしょうか?

 

@皮膚をあらゆるものから守る
A体温調節の役割をしている

 

大きく分けて、この2点だと言えるでしょう。

 

 

 

ワンコの皮膚はとても薄く弱いもので、毛はこの皮膚を外傷から守ったり、水をはじき、病原体からも守るものです。毛を短くカットしてしまうと、熱中症になりやすいと言われますが本当でしょうか?

 

まず結論から言いますが、短くカットしたからといって熱中症になり易いとは言えません。短いから熱中症になるなら、短毛のワンコは全て熱中症になってしまうという事になりますよね。逆に、長い毛で気温が高すぎると上手く体温調節できず、熱中症になってしまう可能性の方が高いでしょう。

 

確かに、ワンコの皮膚は被毛によって守られていますから、極端に短くカットしてしまうと皮膚に影響が出ることも否めません。ですが、適度な長さのカットであれば何の問題も無いですよ。適度にカットする事で体温調節をし易くするメリットもありますから、真夏の暑い中、無理に長い毛のままである必要はありません。

 

被毛の長い犬種といえばマルチーズやヨークシャテリア等がいますが、この2匹は愛玩犬ですよね。この2匹の長い毛は、人間が長く柔らかい被毛を望んだ為のものであり、何か理由があって【体質や健康】の長毛ではないのです。ですから、短くしてあげたいと思えばしてあげれば良いし、長毛を保たせてあげたい方なら、そうすれば良いという事になりますね。

 

毛をカットする事で、病気になったりする事はまずありませんので安心して下さいね。

 

スポンサーリンク

 


▽知り合いにも教えてあげてね♪
  このエントリーをはてなブックマークに追加

 


あわせて読みたい

怪我した犬
どこがいい?損しない為のペット保険の選び方
ペットホテルに泊まる
ペット可のホテルを利用するときに欠かせない注意点
食事する犬
安心して食べさせられる犬がバクつくフードとは
シート上でトイレをする犬
トイレのしつけにも!正しいペットシーツの選び方
女性の口を舐める犬
犬が口をなめてくる理由って何?