犬 床 おしっこ

 

2009年11月ヘルニアの術後から、排尿がトイレトレイにできなくなり、おむつを当てています。半年ほどで歩けるようになってからは、床やカーペットなどでもいいので、自力で排尿させることを優先しました。でも、出し切れずに膀胱炎を2回発症してからは、おしっこをトイレトレイに圧迫排尿をしていました。

 

時間を見計らっていましたが、気がつくとおしっこをカーペットに垂れ流し状態。最近は、日に2回はトイレトレイで行えるようにはなったのですが、見ていないときは、未だに床やカーペットに垂れ流しの状態です。
獣医先生曰く、わかってやっているのかもしれないとのことでした。手術前は、飲んではトイレトレイにするという関心するぐらいできたいました。ちなみに、トイレの場所はゲージ内に置いています。冬は小が1日に10回〜15回、水は600ccくらい。夏は、20回〜30回、水は2リットル近く与えています。

 

手術前は、キチンとトイレができていたということなので、手術をしてから絨毯とか床におしっこをしても普通にさせていた。それがやっぱり癖になってしまっていますね。トイレのしつけ直しが一から必要です。

 

犬も床でしても何もいわれないので、あぁやっちゃってもいいんだ〜的な感覚で行っているようですので、初めてトイレトレーニングをした頃のように最初から始めてみてください。

 

ワンコが絨毯や床でトイレをしたときに、ここでするのが気持ちいいと思ってしまうと、その場所を優先してしまいます。ワンコからすると、本来ならどこでトイレをしてもいいわけです。ですが、飼い主がここでして!というから、しかたないからあそこまで行ってトイレをしようか、と思って行動しているわけです。

 

 

まずは、寝るところとトイレを分けるのも一つの手です。どうしてもケージ内にトイレがあると、生活空間とトイレがまざっているとワンコも混乱してしまいます。

 

獣医さんが言うように、私もワンコはわかってしていると思いますので、初心に戻って最初からしつけをし直すという覚悟が必要ですので頑張ってみてください。

 

スポンサーリンク

 


▽知り合いにも教えてあげてね♪
  このエントリーをはてなブックマークに追加

 


あわせて読みたい

怪我した犬
どこがいい?損しない為のペット保険の選び方
ペットホテルに泊まる
ペット可のホテルを利用するときに欠かせない注意点
食事する犬
安心して食べさせられる犬がバクつくフードとは
シート上でトイレをする犬
トイレのしつけにも!正しいペットシーツの選び方
女性の口を舐める犬
犬が口をなめてくる理由って何?